ゲームをやって得られた4つのもの

ゲーム

こんにちは、るるしーです。

いまでこそeスポーツだなんて呼ばれて注目されてますが、ゲームなんて遊びでしょって思う方は未だに多くいるような気がしますね。あまりプラスイメージにならないのも否定はできません。

みなさんはゲームをしていて、周りにこんな風に言われたことありませんか?

  • ゲームなんてなんの役に立つの?
  • もっとやることないの?
  • 時間の無駄じゃないか

などなど…人によって様々かなと思います。私は全部言われたことありますねww

たしかに耳が痛い話ではありますが、好きなものは好きなので仕方ないです(´ω`*)

今回は開き直って視点変えてゲームをやっていて得られるものがないのかについて、私の感じていることを書いてみました。

※ここでのゲームは主にオンラインゲームを前提にしてます。

ゲームで得られたもの

効率

忍耐力がついた

忍耐力がついたかなと思います。

『えっ、遊んでるのに忍耐力がつくの???』

って思われるかもしれません。

ですが、最近のゲームは同じステージや同じクエストを何度も周回(繰り返し)して、レベルを上げたり装備を強くしたり…といった流れが多いです。すべてがそうとは言いませんが、基本的には周回!周回!で強くなっていきます。

私が最もゲームに時間を注いでいたころは、1つの称号(やり込み要素)を得るために1周約3~4分のステージを800周…時間に換算すると約3200分ということは、約53時間になります。それを3キャラ分やってました!
すげー時間を浪費してますね、否定できないです…orz

もちろん楽しいからやってるんですが、何度も同じことを繰り返すっていうのは、いくらゲームとはいえキツイ部分があるのも正直なところですw
じゃあキツイならやるなよwwってなると思うんですが、それを言っちゃなにも始められませんよね。何をするにしてもキツイって言ってたら本当になにもできないです。

そしてこの経験は仕事で生かされます。

るるしー
あぁ、800周していたことを思えば大したことはないな。

同じようにキツイ内容に出くわした時にこう思えました。発想の転換でもありますね。

部活などスポーツに打ち込んでいた方なら同じように考えることもあると思います、ゲーマーでも同じことできるんですよ!

効率よくやることを覚えた

どうすれば効率よくできるのかを調べるようになりました。

すでに書いたように、ゲームの装備集めとかキャラの強化ってけっこう暇かかるんです。
でも少しでも楽にやりたいと思うのが人間ってもんですよね。少なくとも私はそう思ってますけどw

仕事でもゲーム攻略でも“効率”ってのは大事です、早く終わるに越したことはないですからね。
どうすれば早く終わるのか、どうすれば楽にできるのかを考えることは重要です。
もちろん効率で語れる業務ではない場合もあると思いますが、この考え方は捨てない方がいいでしょう。

また、結果より過程が大事だ!って考えもありますが、結果が出せないと社会では通用しないのも確かです。

調べる癖がついた

何をするにしても、わからないものはちゃんと調べる癖がついたかなと思います。きっかけはゲームの攻略情報探しですね。

ゲーム攻略なんかは自分だけの視点じゃ気づかないことが多く、ネットの情報を参考にすることが多いです。
ググるのは基本ですが、Twitterなどでワード検索すると、最新の情報が落ちていることもけっこうあります。
特にオンラインゲームでは強さが偏り過ぎているとバランスの調整が行われることもあるので、最新の情報は仕入れておきたいものなんです。

もちろんゲームのみならず、ネット上にはいろんな情報が載っているわけで、うまく使いこなせばこんなに便利なものはありません。
初めてのお見合いに行く前や、結婚式の準備もネットでめちゃくちゃ調べました。
そしてWeb知識のない私がブログを開設できるほどです。これは論より証拠でしょうねww

友人ができた

オンラインゲーム内で交流する友人ができました。

まぁこれはオンラインでよくあるやつですね、フレンド登録とかいうやつです。

私の場合さらに進んで、実際に現実世界にて、ゲーム内で交流している人たちと会ったこともあります。いわゆるオフ会ってやつですね。
当然顔も見たことがない、Skypeなどで話していなければチャットしかしたことがない人たちと会うわけですから、経験するまでは未知の世界でした。やってみると共通の話題もあって楽しかったですけどねww

中にはたまに電話かけてくるやつや、子供の写真を送ってくる親バカ(笑)になってる友人もいますw

まとめ

ゲームを通じて得られたことは、仕事をする上でどこかに活きてきているのではないかなと書いてみて改めて感じました。
友人に関しては仕事とは直接関係ないですが、こればっかりは縁だと思うので大事にしたいもんですね。

まとめるとゲーム=遊びっていうのは確かにそうなんですが、まったく身にならないものってわけでもなく、何かしら得られるものもあるってことです。
また、あの経験がこんなところで役に立った!ってことは長い人生の中で何度も訪れると思います。実際ゲームをやっていなかったら得られなかった知識は多いです。

私としては時間をかなり浪費しているので、やっててよかった!とまで言いませんが、後悔はしてないですね。

ただし、いつまでもゲーム一直線!というのはさすがに周りも心配するとは思いますので、将来のことをいつかは考えなければならないというのはまた別の話でした。

ゲームを趣味としているけど、周りからいろいろと言われる方にとっての開き直るキッカケになってくれればいいな~と思います。

ではでは!

コメントを残す